ニキビ隠しをするなら何色のコンシーラー?

ここからご記入ください。ほとんどのニキビは赤みを帯びているため、ニキビ隠しには反対色であるグリーン系統のコンシーラーがぴったりです。コンシーラーの緑がニキビの赤と混ざりあい、荒れた肌を目立たなくしてくれます。
これはニキビ以外にも、ニキビ跡や小鼻の赤みにも使うことができるテクニックです。ただし、グリーン系のコンシーラーは使い方を間違えると顔色が悪く見えてしまう場合もあるので注意も必要です。
また、赤みがそれほど強くないニキビに塗る場合はグリーンではなく明るめのベージュ系コンシーラーを使うと良いでしょう。グリーンを塗ると、顔色が青白くなりすぎてしまうためです。普段の自分の肌色と比べて、少し明るめのカラーを選ぶのがポイントです。ベージュでもしっかりとニキビの赤を隠してくれます。
ニキビの色には個人差があるため、色を確認しながら加減して塗っていくことが大切です。

ファシオコンシーラーが使える!!

コンシーラーって、いろいろなメーカーが出していて、どれにしようか迷いますよね…
先日大学生になりお化粧デビューした私が愛用しているのは、「ファシオ UVコンシーラー」。
薬局のコスメ販売員さんがおすすめしてくれました。
SPF30/PA+++で、シミやそばかすを隠しつつ、さらに紫外線による悪化を防いでくれます。
朝つけても夜までしっかりカバー力が持続し、雨や汗にも落ちにくいので便利です。
円柱状のスティックタイプになっていて、長さ8.5cm、直径も1.5cmと小ぶり。かさばりがちなポーチの場所をとらないのも嬉しいです。
気になるお値段は、薬局によっても違うと思いますが、約1000円。
学生さんでも気軽に買うことができます。
コンシーラーを変えたい、または買ってみたいとお考えの方は、是非参考にしてくださいね!

コンシーラーを選ぶときのポイント

コンシーラーを選ぶときのポイントは2つあります。それは、自分に合った色味と使い心地(テクスチャ)です。
まず、お店で色味を選ぶときは、サンプルを手の甲に少し取ります。それを伸ばさずにそのまま手を顔のそばに近づけて、鏡を見ます。肌の色味(ピンク系なのかイエロー系なのか)が合っているかをこれで判断できます。手の上で伸ばしてみるだけでは、顔の肌と手の肌の色が微妙に違うので、買って実際に使ってみたら浮いてしまった、という失敗に繋がります。
つづいて、使い心地(テクスチャ)については、お店でサンプルを手ではなく腕の内側(手首より少し下側)に付けて伸ばして確認します。手の甲より腕の内側の方が柔らかいので、顔に塗るのと近い感覚を試すことができます。
本当なら直接、化粧していない顔に塗りたいところですが、なかなかそういう風に試すことは難しいので、以上のやり方で選ぶと買った後から失敗しにくいと思います。

コンシーラーを綺麗に塗る方法

コンシーラーには、いろんな商品があります。人によって合うものはそれぞれで、色んなタイプのコンシーラーがありますが、共通して使うときに一つ気を付けることがありす。
それは、コンシーラーを塗ったあとは三分ほど放置することです。
この放置をするかしないかで、コンシーラーの上に塗るファンデーションの仕上がりが大きく変わってきます。
放置しないですぐにファンデーションを塗ると、肌にコンシーラーがまだ密着しきれてないので、コンシーラーがファンデーションのパフで剥がれて、ムラになってしまいます。それを補おうとして、たくさんファンデーションを重ねてしまい、厚塗りになります。
朝時間がないときに三分放置するのは苦難かと思われがちですが、コンシーラーを塗ったあと歯を磨いたり髪をブローしたりする時間にあてれば効率良く身支度が完了するのでお勧めです。

M・A・C プロ ロングウェア コンシーラーの良いところ

このコンシーラーの良いところは、延びが良くてヨレにくいところです。
20代前半の頃は、パウダーファンデーションだけで充分でしたが、社会に出てストレスと戦うようになって日によって化粧乗りが悪いときがでてきて、コンシーラーを使ってみようと思い、いくつかのメーカーの商品を試してこのMACに落ち着きました。
他の商品は着けたあとすぐは良くても、一時間ほどでヨレてきたりくすんできたりして、すぐ化粧直しをしたくなってしまうのですが、これは朝使って昼に化粧直しのため鏡を見ても殆どヨレやくすみは気にならず、軽くフェイスパウダーで整えるだけで済みます。結果、厚塗りにならず良い状態を夕方まで保つことができるので、とても気に入っています。
あと、付け心地が良いです。延びが良いので何度も重ねる必要がなく、仕上がりも自然です。
これからも使っていくと思います。

多くのコンシーラーを使ってきた結果、ヨレないことが第一条件!

私は顔の悩みの一番がクマとシミでした。そのためコンシーラーは必需品。今までクリーム状のものからスティック固形タイプまでいろいろな種類のコンシーラーを使ってきました。人気ナンバー1に輝いたコンシーラーは全て使ってきましたが、どのコンシーラーもカバー力が高いものは必ずヨレます。逆にヨレないものはカバー力が弱く、コンシーラーの意味をなしていません。
最近ずっとナンバー1に輝く完売商品だったNARSのラディアントクリーミーコンシーラーをようやく買うことができ、使い始めました。今まで出会ったコンシーラーで断トツ良いです!これはカバー力も強いのにヨレないと、求めてきた条件を同時にクリアしています。クリームタイプなので、指でトントンをつければ厚塗りみもならず、肌に密着してシミやクマを見事に消してくれます。乾燥もしないので、ヨレることもないし、時間が経ってもヒビ割れてくることもなくオススメです!

リキッドコンシーラーを使ってみて

最近、ファンデーションをつけても顔の色ムラ、特に
目の下の茶色が濃くなっている事が、とても気になり始めました。そこで、DHCのリキッドコンシーラーを購入しました。私は、普段、パウダーファンデーションを使っているので、コンシーラーを先に塗ってからファンデーションをつけます。リキッドファンデーションの場合は、コンシーラーが後だそうです。スキンケアの後に、コンシーラーを目の下に3カ所のせて、指でなじませます。でも、これが結構難しくて、目の下だけ色がはっきり違うので、不自然になります。ファンデーションをのせると、色がぼやけるかと思いましたが、どうしても手鏡で見ると不自然な感じになりました。そして、何回か試して、自分なりに出した結論は、これでもか、というくらい、薄くのばす事と、目の下より、もう少し広範囲に伸ばす事です。

コンシーラーはスティックタイプ

ここからご記入ください。私は頬の上からこめかみにできているしみにコンシーラーをつけています。とても目立つ場所にあるので丁寧にぬらなければいけません。
できるだけ肌に合う色を選ぶこと、すぐに乾いてしまうタイプではないもの、スティックタイプであることが私には1番大切です。スティックタイプは、ぬりこむ時にあつみにムラがなくぬることができます。ぼかしながら本本とつけることもでき、周りの肌となじみよくつけることができます。重ね塗りをしても薄づきであるものを選び、周りのファンデーションの色とできるだけなじむように、ぼかすことが大切です。私は目が悪いのですが、雑になると逆にシミが目立ちます。シミ一つ一つを消す気持ちで塗らなければいけません。

隠したいものによってコンシーラーの色を使い分ける

シミやソバカスを隠したい場合には、使用しているファンデーションよりすこし暗めのコンシーラーを使うと効果的です。
シミ、ソバカスは色が濃いので、暗めの色を使ってぼやかすことにより目立たなくなります。
逆に明るい色だと塗った場所が浮いて、目立ってしまいます。

クマを隠すにはまず自分のクマが何色か観察してみてください。

赤みを帯びたクマの場合にはイエロー系、ひどい赤みにはグリーン系がおすすめです。
赤みを抑え、自然な仕上がりになります。

青みを帯びたのクマの場合、オレンジ系のコンシーラーを選びます。血行が良くなったようになり健康的にみえます。

茶色のクマの場合、イエロー系かベージュ系を選びましょう。色同士で打ち消しあうのでクマが目立たなくなります。

ナチュラルな仕上がりのシャネルのコンシーラー

コンシーラーを使うと、その部分だけ白浮きして逆にシミやソバカスが透けて見えて目立ってしまったり、厚ぼったくなっていかにもシミを隠している感じになってしまうことは誰にでもあるでしょう。
コンシーラーはメイクアップのメインの部分ではないので、あまりお金をかけたくなくて、つい安いものを買ってしまいがちですが、お手頃なコンシーラーを、塗ってもなかなかカバーされず、ついつい分厚く重ね塗りをしてしまうのが失敗の原因なのです。
シャネルのコンシーラーは、ごく少量をチップの先に取り、シミの上にのせて薬指の腹でぽんぽんと馴染ませるだけで、薄づきなのにシミが消えてびっくりさせられます。
広範囲なソバカス部分や目の下のクマもファーデーションを塗った上に、すこーしのせて指の腹でぽんぽん馴染ませるだけで、顔色がツートーンは上がって、光が当たるつるりとした質感の肌に見せることができます。
少し高くても、長く使えるので結局シャネルの方がコスパが断然よいです。