Home » 2016 » April

Monthly Archives: April 2016

コンシーラーは肌トラブルに合わせて選ぶのが正解

せっかく買ったコンシーラーが肌に馴染まなかったり、肌のお悩みを十分にカバーできなかったりした経験はありませんか。
コンシーラーは、肌トラブルの内容によって、向き不向きがあります。
ニキビやホクロなどをカバーしたい場合は、立体的な肌にもしっかり馴染む、リキッドタイプを使いましょう。
シミやそばかすなど、立体感はないものの色素が強いものを隠したい場合は、発色の良い固形タイプがおすすめです。
また、経常だけではなく、色選びも大切です。
ニキビやホクロに対しては、肌の色よりほんの少し暗めの色味のものを選ぶと、立体感を抑えることができます。
一方、シミやそばかすは、トーンアップすることでカバーできますので、肌よりワントーン明るいものが適しています。
ファンデーションに比べて、どうしてもコンシーラーは崩れやすく、時間が経つと浮きやすいです。
テスターで試し塗りをして、何時間か様子を見た後、購入しましょう。

バレないコンシーラーの肌へのなじませ方

コンシーラーはタイプによってつけ方や肌への馴染ませ方も変わってきます。そこで一番使いやすく便利なのがスティックタイプのコンシーラーです。スティックコンシーラーなら直接隠したい部分に塗れることと、量も調節しやすいからです。つける量が多すぎると厚塗り感が出てしまうので一番注意したいところです。スティックコンシーラーを直接つけても、指や筆でとって塗っても大丈夫ですが、大事なことはつけた部分の周囲をぼかすことです。一番濃くなるのは中心だけで、そこから周りに向けて色が薄くなっていくイメージです。これが一番自然で周りの人にもわかりづらいつけ方になります。ぼかすときは指でもいいですし、スポンジを使っても大丈夫です。もし手持ちのアイシャドウチップがあればベストです。小さいスポンジでぼかすのも簡単なので。中心は触らなくて大丈夫です。あくまで周囲をばかせばナチュラルに仕上がります。

クマを隠すコンシーラーの使用方法

シミやホクロなどをカバーしたい場合は、ポイントで使うため、固めのテクスチャのコンシーラーを使います。
しかし目の下のクマのようにやや広い範囲をカバーする際にはリキッドやクリームなどの柔らかいテクスチャのコンシーラーを使いましょう。
特に目の下はシワがよりやすい箇所なので、コンシーラーを薄く均一に重ねてカバーすることが大切です。
また、クマの色味によってコンシーラーのカラーも変える必要があります。
例えば、青みがかったクマにはオレンジ色、茶色のクマにはイエローのコンシーラーがよりカバーができます。
クマをカバーするためのコンシーラーを選ぶ際には、自分の肌色よりやや暗めのものを選ぶとよりナチュラルに仕上げることができます。
自身の肌色に比べて明るい色のコンシーラーは、逆にクマを目立たせてしまうので、決して選ばないようにしましょう。

コンシーラーでシミをカバーするときの注意点

コンシーラーといえば、隠したい肌の悩みを消すために使うもの。
しかし、シミを消したい場合にはちょっとしたコツがあるのをご存知ですか?
まず、シミやほくろなどを消したい場合は、柔らかいタイプのものより固めのテクスチャのコンシーラーを使います。
よく手などで気になるシミに直接コンシーラーをのせている人がいますが、これだとメイクの仕上がりが厚ぼったくなってしまいます。
まずは消すシミを決めることが重要です。
色の濃いものから処理をしていきましょう。
コンシーラーをのせる際には、メイク用のブラシ、特に細いものを使うのがオススメです。
消すシミの上に厚みが出ない程度にコンシーラーを置くようにのせます。
コンシーラーを置いた場所と肌の境目をぼかします。
最後にパウダーで仕上げて、コンシーラーがヨレるのを防ぎましょう。
面倒でも消したいと思うシミを1度に処理しようとしてはいけません。
ひとつづつにちょんちょんとコンシーラーをのせるようにしましょう。

コンシーラの種類と特徴

コンシーラーは大別すると4つのタイプがあります。それぞれの特徴や使い方が違うので目的別に適したものがあります。
まず一つ目はクリームタイプのものがあります。こちらはチューブやパレットになっており、油分が多く艶を出すことができるので目の下クマ隠しや広めのシミを隠すのに効果的です。そして二つ目のスティックタイプは、固形のステッィク状になっており、やや硬めなのが特徴です。肌への装着感がよくマットな仕上がりになります。
三つ目のペンシルタイプは、鉛筆状のものがあります。スティックタイプより柔らかく先が細いので細かい部分に適しています。細かいシミやニキビ跡、薄いシワやほうれい線などにもちょうど良いです。そしてリキットタイプのものは、クリームタイプのものが筆ペンのようになっています。クリームタイプよりも液が緩め(液に近い)のものが多いので、ファンデーションになじみ易く自然な仕上がりになります。このようにそれぞれの特徴に応じて使い分けることができます。

悩みタイプ別 コンシーラーの選び方

肌の悩みをカバーしてくれるコンシーラー、より効果的に使うために悩みタイプ別に適した物を知っておくといいでしょう。
[1]シミ・そばかす・ニキビ跡
自分の肌色より暗い色を選び、濃いものにはスティックやペンシルタイプの固形の物を、薄いものや広範囲の物にはクリームやリキッドタイプの柔らかい質感の物がオススメです。
[2]目の下のクマ
固形タイプを使用すると、摩擦によりクマが酷くなることもあるのでリキッドタイプのような柔らかい物がオススメです。
[3]ほうれい線
明るい色を使い光で飛ばしてほうれい線を目立たなくするため、肌の色より明るめのリキッドタイプがオススメです。
[4]小鼻の周り・口元
どちらもヨレやすい場所であるため、クリームやリキッドタイプのような柔らかいものがオススメ。自分の肌色と同程度の色を選ぶと失敗はありません。

コンシーラーと一口に言っても、それぞれに適した使い方があるので自分の肌の悩みに合ったものを使用してみましょう。

シミ隠しには2つのコツ!

コンシーラーでシミを綺麗に隠す際の簡単なポイントをご紹介します。
まず、コンシーラーはファンデーションの種類によって使う順番が変わってきます。リキッドタイプならファンデーションの後、パウダータイプならファンデーションの前にコンシーラーを使用します。
シミを隠す場合、濃いシミにはスティックなどの硬い質感の物を使用し、薄いシミや大きめのシミにはクリームなどのゆるい質感の物を使用するのが適しています。
肌と同じくらいか、少し暗い色のコンシーラーを手の甲に一度取り、指や筆を使って少しずつ重ねて塗っていくと厚塗りにならず自然に仕上がります。
あとはトントンと周りを馴染ませるだけです。馴染ませ過ぎると折角のコンシーラーが落ちてしまうので、やりすぎには注意してください。
厚塗りしすぎず馴染ませ過ぎないを心がければ綺麗にシミを隠すことができます。

コンシーラー正しい使い方とは

クマやニキビを隠すことができるということでコンシーラーを購入する方も少なくないかと思います。しかし買ったは良いものの、使い方がいまいちよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。
コンシーラーを正しく使用するためには選び方が大切です。いくつか種類がありますが、ペンシルタイプは油分が少なく細かい部分に適していたり、スティックタイプはカバー力が高いといったようにそれぞれに特徴があるので、自分の肌の悩みによって選ぶと良いでしょう。色味も同様に選ぶことが大切です。
塗る順番はファンデーションによって異なり、リキッドやクリームの場合にはファンデーションを塗った後に、パウダーの場合はファンデーションの前に塗ります。仕上げにフェイスパウダーで馴染ませて完成です。
部位によって効果的な使い方も異なってくるので、そのあたりも意識してみると良いかと思います。