Home » 2016 » October

Monthly Archives: October 2016

コンシーラーはスティックタイプ

ここからご記入ください。私は頬の上からこめかみにできているしみにコンシーラーをつけています。とても目立つ場所にあるので丁寧にぬらなければいけません。
できるだけ肌に合う色を選ぶこと、すぐに乾いてしまうタイプではないもの、スティックタイプであることが私には1番大切です。スティックタイプは、ぬりこむ時にあつみにムラがなくぬることができます。ぼかしながら本本とつけることもでき、周りの肌となじみよくつけることができます。重ね塗りをしても薄づきであるものを選び、周りのファンデーションの色とできるだけなじむように、ぼかすことが大切です。私は目が悪いのですが、雑になると逆にシミが目立ちます。シミ一つ一つを消す気持ちで塗らなければいけません。

隠したいものによってコンシーラーの色を使い分ける

シミやソバカスを隠したい場合には、使用しているファンデーションよりすこし暗めのコンシーラーを使うと効果的です。
シミ、ソバカスは色が濃いので、暗めの色を使ってぼやかすことにより目立たなくなります。
逆に明るい色だと塗った場所が浮いて、目立ってしまいます。

クマを隠すにはまず自分のクマが何色か観察してみてください。

赤みを帯びたクマの場合にはイエロー系、ひどい赤みにはグリーン系がおすすめです。
赤みを抑え、自然な仕上がりになります。

青みを帯びたのクマの場合、オレンジ系のコンシーラーを選びます。血行が良くなったようになり健康的にみえます。

茶色のクマの場合、イエロー系かベージュ系を選びましょう。色同士で打ち消しあうのでクマが目立たなくなります。

ナチュラルな仕上がりのシャネルのコンシーラー

コンシーラーを使うと、その部分だけ白浮きして逆にシミやソバカスが透けて見えて目立ってしまったり、厚ぼったくなっていかにもシミを隠している感じになってしまうことは誰にでもあるでしょう。
コンシーラーはメイクアップのメインの部分ではないので、あまりお金をかけたくなくて、つい安いものを買ってしまいがちですが、お手頃なコンシーラーを、塗ってもなかなかカバーされず、ついつい分厚く重ね塗りをしてしまうのが失敗の原因なのです。
シャネルのコンシーラーは、ごく少量をチップの先に取り、シミの上にのせて薬指の腹でぽんぽんと馴染ませるだけで、薄づきなのにシミが消えてびっくりさせられます。
広範囲なソバカス部分や目の下のクマもファーデーションを塗った上に、すこーしのせて指の腹でぽんぽん馴染ませるだけで、顔色がツートーンは上がって、光が当たるつるりとした質感の肌に見せることができます。
少し高くても、長く使えるので結局シャネルの方がコスパが断然よいです。